スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分坂ノ市

昨日は大分フカデビューを果たしてきました、チュウトロです。まあ、本命のチヌさんはつれなかったんですけどね。では、詳細を。
今回は、久しぶりに池永先生の釣りをみてフカセの勉強をしたいと思い、岩室と畦地さんのフカセに同行しました。メンバーは、先ほど述べた池永先生と二人、そして宇野君と僕です。
夜中の一時ごろから下道をのんびり3時間半ぐらい走って、集合場所であるINGにいきます。ここで、アミやら麦やらを買ってから渡し船大勝丸で一文字にわたります。
ここから準備をするんですが、フカセ初心者の僕は固定仕掛けを作るのにだいぶてこずりました。
タナ合わせ?何それ?てぐらいではないですが、一番時間を食ったのがタナ合わせでした。
やっと、タナ合わせを終わらせて釣りを始めた頃、隣で釣りをしていた他称「低気圧を呼ぶ男」宇野君が43センチのチヌさんを釣り上げました。コンスタントに釣果を出すのがすごいですね。羨ましいです。 
僕には、エサ取りである稚タイやベラしか掛かりません。くやしいです。
しばらくして、今度は岩室にもチヌが・・・・・。しかし、あえなくバラシ。ここでも「バラシの貴公子」の本領発揮です。この人が魚をバラシたところを見ない日はないぐらいですね。その頃、「万能釣人」の畦地さんは、5キロぐらいのカンダイをバラシて悔しがってました。この時期にもカンダイって釣れんだね。


しばらく、チヌの当たりがないまま二時間ほどたったときに、チヌつりに変更した畦地さんにハタが掛かった。やっぱり、万能釣人なだけあって予想外の魚も釣っちゃいます。
ここで、「移り気の大倉」と畦地さんに命名僕は、「ファイアフライでハタって釣れんじゃね?」と思ったわけです。ここで、エギングロッドを準備してファイアフライでハタを狙ったんですが、フライをなくして終わりましたね。

釣りをはじめて3~4時間くらい経って撒き餌をすべて撒き終えた僕はルアー釣りにシフトしてアラカブを狙うことに。潮も流れてて風があったのでイカは望み薄だと思ってここではひかえました。
実際、潮もとまって無風の絶好の時間帯があったのですが、チヌに集中しようと見送ったのが悔やまれます。

そんなこんなで、昼を回ったころ池永先生の竿が急激に絞り込まれました。長い格闘の末上がって来たのは、74センチのタイ。写真は池永先生のブログに乗るだろうからそっちをみてください。それにしてもでかかった。

ここから調子付いた池永先生は立て続けにチヌを二本あげてました。次元の違いをここで見せ付けられましたね。
その後、急激に風が強くなり、いっとき海が荒れて釣りどころじゃなくなったけど、一時間したら回復した。それでも、風は強かったけど・・・・・

その後、岩室がアジの泳がせで2キロのハタを掛けてまたバラシてました。もったいない

16時半頃には潮が停まり、風も弱まったのでエギングをするなら今しかない、行け!アオラ!とヨーヅリのエギをキャスティング。ダートフォースを使いたかったけど、扱える自信と時間がなかったからあきらめました。

三投目くらいに底を探っていると、手前5メーターのところで当たりが。
死ねーーーーーーーーーー!と鬼のごとき心で合わせを入れると、アオリのジェット噴射が勢い良く炸裂。HI380066.jpg
上がって来たのは一キロぐらいのアオリ。画像の向きに関してはご了承ください。
ここで、大勝丸の迎えがきて釣りはお開き。ジョイフルで晩飯と反省を済ませて帰宅。

久しぶりに池永先生の釣りを見たけどレベルの違いと、プロの釣りを垣間見た一日で勉強になりました。

スポンサーサイト

書くことがないので・・・・

最近、PS3かXBOX360がなんとなく欲しいチュウトロです。
更新頻度が極端に少ないので自分が持ってる竿の紹介でもしてみようかと思います。
HI380056.jpg

はい、知っている人は知っている名竿タカミヤのブランド・リアルメソッドから出ているエギグリードです。これを、買ったのは確か今年の冬の終わりころだったと思います。
買った理由は知り合いの進めですね。値段は2万円前後と、お手軽だったのもあって給料が入ったら即購入しました。
正直、性能も値段にふさわしいくらいだと思ってたんですけど、試しに振ってみると軽いの何の。
しかも、エギをしゃくった後のだるさも全くなくて、かなり使いやすいというのが第一印象。
竿の調子もミディアムくらいで、デカイカが掛かっても力負けしないバットパワーを持っていて、イカ以外にも使える竿。
これで、60くらいのシーバスを釣った事があるけど、以外にファイトしやすかった。


今じゃこれ無しではエギングなんてできません。リアルメソッド信者になりそうだね。

なんとなくで書いた文章なので見にくかったたらサーセン

ジギング!!

どうも一ヶ月ぶりですチュウトロです。
早速ですが、17日にジギングにいってきました。自分は午後1時からの出港だったんですが外海に出てみると波が2メートルと最悪の状況。
あまりの揺れに移動中に酔う人が出る始末。幸先悪いスタートになってしまいました。

出向から一時間ぐらいで鳥山が立っていたので、そこでヤズ狙いでジグを投入。
しかし、あたりも何もない状況で鳥山が小さいこともあり、すぐに無くなってしまった。
そこから、バーチカルの釣りに転向。ジグを投入して小刻みにしゃくり上げながら当たりをまつ。
しかし、そこで寝不足が祟ったのか船酔いにかかってしまってキツイの何の。

30分は動けませんでしたよ。
回復して気を取り直してジグをシャクルも宇野君と1年の川上君にエソが釣れるくらい。
そのまんま、ラスト一時間湾内でシーバスをやることになり、最初のポイントでレンジバイブを遠投。
3投目ぐらいにシーバスが食ってきた。久しぶりにつれた鈴木に感激。
P1000939.jpg
その後も続けるもこの一匹のみ。
正直、不完全燃焼に終わってしまいましたよ。
絶対いつかリベンジします。

玄海島

20080911203806
どうも1ヶ月ぶりにお目にかかります。

今回は一昨日行った玄海島釣行について。


ベイサイドプレイスに6時45分に宇野君と集合という事で待ち合わせのはずが、寝坊で宇野君は来ないで結局島に渡ったのは僕一人。


正直自分一人の力でどこまでやれるか気になってたんで、勉強のつもりで今回の釣行に望みました。


島に着いてみると、思いっきり北風の周り込みが強がったため、まず島の西側を探ってみることに。


いつものテトラポット越えは、一人じゃ危ないので今回はスルーしました(笑)


西側には意外と子イカの群れがおり、2号のエギを中心ローテーションするも、渋いのかなかなか抱いて来ないで釣れたのは一杯のみ。



一時間半ほど粘って次の場所へ。

次はフェリー乗り場の反対側にある堤防へ。


立ち入り禁止の堤防が垂直に伸びている所がちょうど風の影響を受けていない事がわかり、そこを中心に狙ってみることに。


20分ほどたった頃、カマスの群れが回遊してきたので、メタルジグを投げたら入れ食い状態に。しかし、5匹くらい釣ったあたりに明らかにキロアップのイカが姿をあらわした。


それをみて即効エギングにシフトチェンジしてイカを狙いましたよ。


色をローテーションさせながら、やっと手に入れた一杯は明らかに小さい方。巨イカはどこかへ行ってしまいましたよ。


だけど、釣れたのは600グラムとこの季節には結構良いサイズ。


そこで船の時間になったのでその日は早々に切り上げました。


あまり勉強にはならなかったけど、自分的には満足のいく釣果を得られました。

免許とった。

先週熊本に帰って免許取って来ましたよ。
二度目の試験だっただけに、合格発表の時はドキドキした。

自分の番号が掲示板に表示された時はかなり喜んだよ。
終始ニヤニヤしっぱなし


気持ち悪くてサーセンm(_ _)m

さあ後は夏休みを有意義に過ごせるように頑張りやす
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。