スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには釣り以外のことを。

どうもみなさんこんにちは。バイト先にシフトを見に行ったら、夜勤の人と話し込んでしまい、色々手伝ってたら夜が明けてたチュウトロ。
今日はバイト先の事を書きたいと思います。
僕チュウトロは学校のカリキュラム上20時から深夜2時と11時から朝の9時までの時間帯でバイトをしとるんだけど、この時間帯の仕事は肉体労働が7割を占めてる時間帯。

僕がいつもしてるのはこの20時から深夜2時までの時間帯(以下中夜勤)
この時間は主にペットボトルのジュースを整理するという仕事が主になってくるんだけど、これが曜日によって量が違ってくるから厄介。
特に土曜と月曜の休み前とその後が非常に多い。

日曜日にトラックが来ないから土曜に余分に取って、月曜日に二日分の売れた分を補うために多めに発注することになるから厄介。

今が冬だからまだいいけど、夏には本気で死ぬかと思うぐらい多い。
しかもこの中夜勤新人さんが入ってきたときに教えなきゃいけんとだけど、人によって教え方が違うから、色々正すところも多い。
教えるのが苦手な僕にとってはこれがめんどくさい。だから適当に基本を教えて終わらせる。
そこの最悪だと思ったあなた、あなたは正常です。


つぎは夜勤。
この時間帯は10時間の労働だけど、なぜか時間がたつのが早い。
やることが多いせいだというのもあるんだろうけど、なんさん早い。
そして、この時間は仕事のすべてが相方で決まる。
深夜は二人でやるから仕事の配分が決められる。

仕事が遅い人とあたるとかなり苦労するし、早い人とあたるとかなり楽になる。
しかも、この時間帯の仕事でコンビ二の一日が決まるくらいコンビニの深夜の仕事は大事(多分)
だから、時間がオーバーしてでも終わらせるのが原則。
しかも、僕の時間帯は朝に弁当の検品があるから、これもきつい。
勤務が終わった後も店長やマネージャーに仕事を任されるのも嫌な要因の一つ。
 
まあこんな感じで、本当に簡単に紹介したけどなんだかんだ楽しくやってます。

PS
最後まで読んだ人にはこんな文を読んだことに対してとても感謝してます。
おわり
スポンサーサイト

日高さんと行く天草一週の旅③

12月29日
朝起きたら昼の12時。前日まで12時間以上の釣りをしてたから疲れもピークに達していたんだらおうね。
そこから場所を探したから釣り開始は昼の1時から。
生け簀のあるところを打ったらなんと一発でイカが釣れた。しかも、前日日高さんが釣った大きいイカと同じくらいのサイズで驚いた。しかも、2投目にも来たけどやり取りの途中でバラシテしまった。そこから、イカの当たりが全く無くなったのでそこからアイスジグでメバルを狙うことになった。これがなかなかつれない。まずメバルを誘い出すことから始まり、そして食わせるところまでが長い
しかも、食いに来たと思ったらスカすわで我慢の釣りをしてましたよ、ええ。
釣ったときの喜びは大きかったですよ。
そこから長いこと移動を繰り返して夕方に女岳という天草から突き出た形になってるところで、小さな堤防に着いて釣りを開始。そこで、ピンクのダートフォースにイカが食いついてきた。
300グラムぐらいの小さなサイズだったけど喜びは大きかった。
そこからメバルにターゲットを絞って港を打って行くと日高さんが21センチぐらいのメバルを釣ってその大きさには驚いた。体高も普通のメバルより大きく明らかに別の生き物みたいだった。
ちょくちょく釣りながら、移動を繰り返して夜になり寝る場所を探して車を走らせていくと次第に内陸の方に入って行くのでこのままもう熊本に帰ろうという事になり、国道を走らせて行き、途中ヒライの弁当でうどんを食おうということになり立ち寄った。
うどんを食い終わりそこから一時間半掛けて自宅まで送ってもらい、家に着くころには夜中の3時ごろになっていた。
そこからシャワーを浴びてテレビを観て4時ごろに就寝。
これで終わり。

日高さんと行く天草一周の旅②

12月28日
朝の6時に日高さんの鼾で起床。
近くのテトラでエギング開始。しかし、流れが早すぎて断念。
すぐに近くの地磯に移動。そこも流れが速すぎてまた断念。
そこから牛深に一気に移動。一度、ハイヤ大橋の前の漁港みたいな所でエギングしてみた。
エギを引いていると手前までイカがついてきたから狙っては見たものの、偏光グラスを持ってきていないのが響いてつりきれなかった。

そこからさらに奥に行くも、イカの気配が無いと日高さんの意見を聞いて、そこから見えるテトラに移動。
そこは地磯の先にあり、テトラがレベル5の三角形のやつ。
その大きさに心が折れて断念。日高さんに全てを託して手前の地磯から釣りをしていた。
一時間ぐらいして日高さんが戻って来たから見てみると、ニット帽にイカ3杯が入っており、以外に良い釣果だったから少し落胆。

その後、ほっかほっか亭に行って遅めの昼飯を済ませ牛深漁港へ・・・・
そこは回り込みの風が強くて沈めるのに苦労するほど。
試しに湾内を攻めてみたもののやっぱりだめ。
日高さんにもイカの当たりすらないまま移動することに。
移動にだいぶ時間がかかり外は暗くなっていたので、外灯のある漁港に移動。

そこはベイトの群れが回遊してきてたのでイカが釣れる可能性が高いだろうと期待したものの、途中アジも回遊しているのに気づきそこからアイスジグでアジング開始。
最初にうちは日高さんにあじが大量に釣れて、俺に全くつれなかったから移動しながら釣りしてやっと一匹釣れたらそこから調子が良くなってきた。
途中猫に日高さんのアジが盗まれるという事件が起きた。30センチくらいのアジも混じっていただけにもったいない気持ちでいっぱいだった。
しかし、そこからもアジがかなり釣れたので良かった。ざっと10匹ぐらい袋に詰めてクーラーボックスに入れ次の場所へ。

しかし、この後は全くイカも何もつれなかったので就寝。

日高さんと行く天草一周エギングの旅①

明けましておめでとう。今回は去年記事で言っていた天草一周のことを記事にしたいと思います。

12月27日の夕方4時30分に宇土駅に到着。
そこから、3時間後に日高さん到着。
そこからまた、2時間半かけて天草に到着して、日高さんの知っている有名スポットへ。
到着してみてみると、ベイトフィッシュがわんさかいてそれを追ってカマスみたいな魚がいたけど全く食ってこない。
 
しかも、深すぎてエギがなかなか着底しない。
10時くらいにイカが一杯ずつ釣れてから、パタリと当たりが無くなった。
午前2時くらいまで頑張ったけど釣れずに就寝。


万引き

昨日、某タックルベリーに竿を買いに行った時のこと。


やっとこさ竿を何買うか決めて、ついでにルアーを買うために店内を散策していたら、入り口の防犯ブザーがピーピーなってた。


どうせ誤作動かなんかだろうと思っていた(何回か俺が通った時も鳴ってたからだけど、その店で買った物を持ってるとたまに鳴るらしい)

しかし、この時は違っていて外には茶髪の小学生くらいの男の子が店員に呼び止められていた。


よーく見てたら、もう一人の店員が会計待ちだと思ったのかすぐに戻って来たから会計してもらった。

竿を包装してもらっている間に、さっきの小学生と店員が戻って来たから、何となく見てたらポケットからルアーが一個、ルアーが二個とごっそり出て来て、ざっと8000円分くらい有ってビックリ

会計してる最中に隣で万引きGメンみたいな事が起きてるんだから、もう大変。
警察に電話したり、親の連絡先聞いたりとかしてて、妙にリアルで怖かった


しかも、その時熊本のタックルベリーで買ったメバトロボール(分かる人にはわかる)がポケットに入ったままだったから、変な不安感に襲われた。

まあ何とも無かったけどね


その小学生がどうなったかは知らないが、お年玉で買えばいいのにと思った。


新年早々こんな事があると萎えるなぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。