スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎県平戸島

今回は、長崎県にある平戸島に行って来ました。メンバーは金丸先生、真海君、宇野君、濱崎君、管理人ことチュウトロで行きました。
ターゲットは夜はメバル、後は暗くなるまでイカを狙いとおすという釣行。

前日の夜の12時から濱崎君の車で平戸に出発して、西九州道を通ってまずはまるきん釣具店へ行ってダートフォースを購入。そこから金丸先生と合流。そこから一時間半かけてまずはメバルを狙いに漁港へ。

途中、ファミマに寄り飯を購入。2時半ごろ漁港に着いたのはいいけど、寝てないのもあり日の出まで睡眠を取ることに・・・

五時頃に起き、リーダーを組んでから堤防に移動。途中、テトラとの格闘をしたのだが、今回は磯靴を装備していたからいつもよりはカンタンにわたれたので少し楽だった。


わたり終えたところにある堤防でイカ釣りを開始したのですが、風が強くあまり釣りにならない・・・・・
先生が100グラムぐらいのイカとガラカブを釣った以降は全くつれずに移動しながら釣っていくと、地域の人につり禁止だということをしらされてから移動。

次はそこの堤防の対岸にある地磯へ移動。そこでも磯靴が大活躍。
しかし、イカは僕には釣れない・・・
宇野君はそこで二杯の結構いいサイズのイカを釣っていた。
なんで釣れないのかをない頭で考えながら、奥へとすすんでいったのですが、風が強すぎてエギを沈められずに四苦八苦していると、高い波の中にさらに高い波が・・・・

地磯の先端にいた僕はどこにも逃げられずにいると、地磯に達して背の高い僕よりも高い水柱が・・・
その場でうずくまって水を被ってしまいかなりナーバスに・・・

つりをしながら歩いていくもまだ僕には釣れない。まだ濱崎君と真海君には釣れてないことが自分の励みになった。


ちょうど戻ったときには昼の時間になっており、先生と宇野君だけ昼飯をとってから次の漁港へ。

次はちょうど風裏に位置しているところで、風もあまり来ずに来たとしても追い風だから釣り易い場所になる。
そこで、釣りを開始すると目の前に見えイカがいたのでダートフォースの3.5号を投入。フォールのときにイカが抱きに来たのでこれはいけると思い、次を投入。抱きに来たのはいいけど、フッキングできずに失敗。しかし、イカはまだいたので次を投入。また、抱きにきたので
氏ねぇーーーーーーーーーとフックアップ。
次はかかったので即効引きあげて写真に撮った
 071117_1252~0001.jpg

ここで坊主はなくなったので少し余裕ができたので、ここでラインで当たりを取ることに目標を変えてやってみたはいいけど、かかったことがわからず次のシャクリでイカにフッキングするという悔しい結果になった。とりあえず二杯目を釣ったのでここで良しとした。
ここでは先生も一杯釣り、次の場所へ。


次も堤防に行き、釣り開始。最初の場所で濱崎君が最初の一杯目を釣り、さらに内側の堤防に行くことに。
そこで最初について一番目にキャスト。その最初の一投でイカがヒット。また、ラインで当たりを取るということができなかったので、悔しかったが、一杯釣れたのでよかった。

しかし、そこで事件が!!

上げるのが早すぎて、引き上げたときにイカが墨を吐いたらそれが金丸先生のレインウェアにかかってしまい、急いでウェットティッシュを取りに行くことに・・・

戻ったときには何か魚がいたらしくそれを狙っていたから何が釣れているかと思ったらメッキとセイゴだった。
しかし、イカ墨を拭くことに専念していたためそれは狙えなかった。
すぐに食わなくなったからまたエギングを再開。しかし、釣れないために次へ。しかし、これからが釣れなくなり移動を繰り返し、夕マズメの時間帯に地磯へ。

そこで、また俺のダートフォースが火を噴くことになり、4杯目をゲット。そこでも宇野君が釣った。
暗くなってきたのでまた堤防に行くことに。
しかし、風がとてもつよく全くつりにならなかったので、ここで釣行終了。終わった瞬間から疲れが出てきて、金丸先生の車が事故を起こしそうになったので途中で休憩を取って、またまるきん釣具店により、濱崎の車に乗り換えて、帰路に着いた。


家についたらイカを洗って冷凍庫に入れてその日は即就寝した。
                    
                           終わり
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。