スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分坂ノ市

昨日は大分フカデビューを果たしてきました、チュウトロです。まあ、本命のチヌさんはつれなかったんですけどね。では、詳細を。
今回は、久しぶりに池永先生の釣りをみてフカセの勉強をしたいと思い、岩室と畦地さんのフカセに同行しました。メンバーは、先ほど述べた池永先生と二人、そして宇野君と僕です。
夜中の一時ごろから下道をのんびり3時間半ぐらい走って、集合場所であるINGにいきます。ここで、アミやら麦やらを買ってから渡し船大勝丸で一文字にわたります。
ここから準備をするんですが、フカセ初心者の僕は固定仕掛けを作るのにだいぶてこずりました。
タナ合わせ?何それ?てぐらいではないですが、一番時間を食ったのがタナ合わせでした。
やっと、タナ合わせを終わらせて釣りを始めた頃、隣で釣りをしていた他称「低気圧を呼ぶ男」宇野君が43センチのチヌさんを釣り上げました。コンスタントに釣果を出すのがすごいですね。羨ましいです。 
僕には、エサ取りである稚タイやベラしか掛かりません。くやしいです。
しばらくして、今度は岩室にもチヌが・・・・・。しかし、あえなくバラシ。ここでも「バラシの貴公子」の本領発揮です。この人が魚をバラシたところを見ない日はないぐらいですね。その頃、「万能釣人」の畦地さんは、5キロぐらいのカンダイをバラシて悔しがってました。この時期にもカンダイって釣れんだね。


しばらく、チヌの当たりがないまま二時間ほどたったときに、チヌつりに変更した畦地さんにハタが掛かった。やっぱり、万能釣人なだけあって予想外の魚も釣っちゃいます。
ここで、「移り気の大倉」と畦地さんに命名僕は、「ファイアフライでハタって釣れんじゃね?」と思ったわけです。ここで、エギングロッドを準備してファイアフライでハタを狙ったんですが、フライをなくして終わりましたね。

釣りをはじめて3~4時間くらい経って撒き餌をすべて撒き終えた僕はルアー釣りにシフトしてアラカブを狙うことに。潮も流れてて風があったのでイカは望み薄だと思ってここではひかえました。
実際、潮もとまって無風の絶好の時間帯があったのですが、チヌに集中しようと見送ったのが悔やまれます。

そんなこんなで、昼を回ったころ池永先生の竿が急激に絞り込まれました。長い格闘の末上がって来たのは、74センチのタイ。写真は池永先生のブログに乗るだろうからそっちをみてください。それにしてもでかかった。

ここから調子付いた池永先生は立て続けにチヌを二本あげてました。次元の違いをここで見せ付けられましたね。
その後、急激に風が強くなり、いっとき海が荒れて釣りどころじゃなくなったけど、一時間したら回復した。それでも、風は強かったけど・・・・・

その後、岩室がアジの泳がせで2キロのハタを掛けてまたバラシてました。もったいない

16時半頃には潮が停まり、風も弱まったのでエギングをするなら今しかない、行け!アオラ!とヨーヅリのエギをキャスティング。ダートフォースを使いたかったけど、扱える自信と時間がなかったからあきらめました。

三投目くらいに底を探っていると、手前5メーターのところで当たりが。
死ねーーーーーーーーーー!と鬼のごとき心で合わせを入れると、アオリのジェット噴射が勢い良く炸裂。HI380066.jpg
上がって来たのは一キロぐらいのアオリ。画像の向きに関してはご了承ください。
ここで、大勝丸の迎えがきて釣りはお開き。ジョイフルで晩飯と反省を済ませて帰宅。

久しぶりに池永先生の釣りを見たけどレベルの違いと、プロの釣りを垣間見た一日で勉強になりました。

スポンサーサイト
コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。